Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科

口腔筋機能療法(MFT)

MFT(MFT:ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY)

口腔習癖は矯正装置で治療しても、なかなか癖が改善しないので、後戻りをしてしまう事が多いです。

それを防ぐには、癖を失くす必要があります。それが、MFT(MFT:ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY)です。
歯並びには、遺伝だけではなくお口の周りの癖が大きな影響を及ぼしています。例えば、上の歯と下の歯の間から舌を常に出していたり、指しゃぶりをしていると開咬(前歯が咬み合わない)や上顎前突(出っ歯)の原因になります。

また慢性鼻炎などによる口呼吸で常に口があいている状態が続くと、お口の周りの筋肉が弱くなり正常な嚥下(飲み込み)が出来ず、歯並びや舌の位置に影響を及ぼします。MFTとは、このような癖が原因の筋肉の不調和をお口の周り(舌・頬・唇)の筋トレをして正常な舌位・嚥下を獲得する療法です。

矯正治療によって歯並びをなおしても、お口周りの癖が改善されないと、矯正装置をはずした後、後戻りする可能性が非常に高くなります。MFTを矯正治療と並行して行うことにより、治療効果が上がり、予後もよくなります。

歯並びが乱れる癖や習慣

子供の身体は成長段階にあるため、歯槽骨でも歯並びや咬み合わせに悪影響を与えてしまいます。こうした悪影響を招く原因として、以下のものが挙げられます。

① 指しゃぶり

指しゃぶりは、指で上下の咬み合わせを悪くする状態になるほか、上の前歯を裏から押し続けることになるため、開咬や上顎前突を引き起こしやすくなります。

② 舌癖

常に舌で前歯を押し出したり、食べ物を飲み込むときに舌を出したりする癖を舌癖と言います。舌癖は前歯の歯並びに悪影響を及ぼします。

③ 口呼吸

慢性的な鼻炎などで鼻がつまり口呼吸が習慣化すると、常に口が開いた状態になり、顔面の筋肉や骨格、咬み合わせに悪影響を及ぼします。

④ 不自然な顎の動き

爪や唇を咬む癖は、歯や歯ぐきに大きな負担になります。不自然な顎の動きが習慣化して、顎関節に悪影響を及ぼします。

⑤ 頬杖

頬杖は、人間の身体の中でももっとも重い頭部を顎で支える行為。重みが一点に集中することで、顎が変形してしまうことがあります。

口腔筋機能療法の実際

どのようなお口周りの癖があるかによって筋トレ内容は患者様ごとに変わってきますが、いくつか代表的なものをご紹介します。

ティップアンドスティック(ベーシックエクササイズより)

アイスの棒を口に前で持ち、舌の先をまっすぐに尖らせて強く押し合います。

※ 舌が曲がらないようにしっかりと力を入れる
※ 唇や歯を閉じて舌を支えない

スポットポジション

舌の先をいつもつけておく場所を覚えるために行います。
舌尖をとがらせてスポットに当てます。

※ 舌の先を丸めないように注意する
※ アイスの棒でスポットに触れて、位置を確認して舌尖を当てて練習する

ポッピング

舌を上に持ち上げる力を鍛えます。

① 舌全体を上あごに吸い上げ、口を大きく開けて舌の裏のスジをのばします。

※ 舌の先はスポットについていること
※ 舌後方までしっかりと上あごに吸い付いていること
※ 舌が上の歯を覆わず、上あごにしっかり収まっていること
※ 下あごを前に出さないこと

② 舌をよく吸い上げると、耐えられなくなって舌が勢いよく『ポンッ』と音を立てて下に降ります

※ 音を出すことよりも、①の時点でしっかりと舌のスジを延ばすことが重要

③ ゆっくりと10回ほど繰り返しましょう

※ はやく『ポンッ』『ポンッ』とならすよりも一つ一つの動作を丁寧にゆっくり行うこと

【参考】ポッピング

ポスチャー

舌の先をスポットにつけておくことを習慣化するために行います。

舌の先端をスポットにつけた状態で犬歯の後ろでストローをかみます。なるべくストローに頼らないでスポットの位置に舌尖を置き続けましょう。

※ レッスンの序盤では5分間。その後レッスンが進むにつれて10分、15分…と時間を延長し行う

【参考】ポスチャー

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A