Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科

拡大床

拡大床について

拡大床とは混合歯列期 (乳歯と永久歯が混在している時期)に、歯列を拡大して将来、永久歯を抜かないで治療する為の装置です。

就寝中に使用します。1ヶ月毎にネジを回し、歯列を拡大します。拡大ネジの回し方は、医院により異なっていると思います。週1回、2週間に1回、患者様ご自身で回転する医院も数多くあると思います。しかし、患者様任せにしてしまうと、拡大が上手くいっていないのに、拡大ネジを回してしまうと、拡大床の適合が悪いまま使用されてしまい、全く効果がない事が多々ありました。そのような経験の元、当院では、拡大は医院で管理させて頂きます。

また、学校でも使用して頂いている医院もあります。確かに、その方が早く効果が出ます。しかし、紛失される事も多く、紛失されると、再製作費(当院では、一個25.000円)かかってしまいます。大きな問題は、再製作するのに、約3週間かかり、その間にせっかく拡大された歯槽骨が、後戻りしてしまう事です。そういった理由から、当院では、就寝中に使用して頂いてます。
就寝中でも充分効果はあります。

簡単に考えると、学校でも使用しなければならないほど、拡大の必要があるならば、固定式のクアッドヘリックスや急速拡大装置を使用すれば良いと考えています。

上顎の拡大床

下顎の拡大床

上顎と比較して、舌があるので、小さくなっています。乳犬歯が早期に抜けてしまい、ピンクの◯で示した空隙に大人の犬歯が生える隙間が足りません。拡大床を使用して、歯槽骨から拡大します。

 

下顎の拡大床は、犬歯が生える前に充分な隙間を作る事が大切です。

隙間ができて、綺麗に生えました。
一度、位置の悪い所に生えた歯を動かすより、隙間があり、適切な位置に生えた歯は安定します。後戻りしません。

装置の色

当院では、レジン床の色を患者様に決めて頂いてます。名前も入れられます。少しでも、楽しんで頂ければと思います。
紛失が心配方は、住所や電話番号を入れられる方もいらっしゃいます。

保管用ケースはとても重要です

取り外しのできる装置は、無料でケースもお渡しします。ケースの色も決めて頂いてます。

朝、起きたら外して水洗いして下さい。歯ブラシ、歯磨き粉を使用して頂いても構いません。ティッシュで水気を拭き取り、乾燥させて、必ずケースに入れて保管して下さい。ティッシュに包んで保管しておくと、ゴミと誤り、捨ててしまう事があります。

また、小さいお子様がいっらしゃたり、犬などを飼われている方は、装置を隠されたりしてしまう事があるので、高い所や机の中などに保管して下さい。紛失時には、再製作費かかりますので、ご注意下さい。ご旅行時などは、持っていかなくて、構いません。

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A