Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科

デコボコな歯並び(そう生)

デコボコな歯並び(そう生)

そう生とは、歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。

八重歯、二枚歯もそう生の一種です。あごの広さと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。

【第1期治療/混合歯列期】そう生の矯正方法

・ヘッドギア
・ マルチファミリー
・ 拡大床
・ クアッドヘリックスとバイヘリックス
・ 急速拡大装置

ヘッドギアは、奥歯を後ろに移動させる装置です。
それ以外は拡大装置です。拡大する事により、第Ⅱ期治療で非抜歯で治療できるようにします。がたがたが大きく非抜歯で治療を行うのが難しいと予想される歯並びの場合、抜歯しての治療をお勧めします。それでもなんとか歯を抜かずに治されたい場合、急速拡大装置を使用します。

急速拡大装置

急速拡大装置

【第2期治療/永久歯列期】そう生の矯正方法

・表側矯正
・裏側矯正
・マウスピース治療(インビザライン)

抜歯治療 (上下顎左右4本抜歯)

抜歯治療、上下顎左右4本抜歯

赤い歯を抜歯します。一般的には、上下顎左右第1小臼歯を抜歯する事が多いですが、上顎第2小臼歯、下顎第2小臼歯を抜歯する事もあります。

虫歯の状況によっては、将来的に抜歯になってしまう事が予想される場合、その歯を抜歯する事もあります。

非抜歯治療

非抜歯治療

① 拡大
側方へ拡大すると、前歯は舌側に引っ込みます。

② 奥歯の遠心移動
ヘッドギアや矯正用インプラントを用いて、上の奥歯を後方へ移動させます。

③ I.P.R.(スライス)
スライスして、隙間を作り下げるの方法もあります。

そう生の症例

そう生の症例 ①

治療前 治療後
裏側矯正の症例 治療後 裏側矯正の症例
主訴
がたがたの前歯が気になる、物が噛みきりづらい
年齢
21歳
期間
2年
治療費
1,200,000円

21歳の女性で、前歯が出ていて、がたがたで、物が噛みきりづらい事を気にされ、来院されました。表側にはブラケット装置を付けられたくないとの事で、治療費と治療中の痛みから、上顎を裏側矯正、下顎を表側矯正のハーフリンガル矯正を行いました。検査診断の結果、上下顎第1小臼歯抜歯後、上顎は、矯正用インプラントを左右口蓋側に埋入して、2年間で治療を終了しました。
このように前歯が噛み合っていない患者様は、物を噛み切る時に、上の歯と舌、あるいは上下の奥歯を使います。矯正治療終了後に、前歯が噛み合うと素麺や海苔が噛み切れて驚かれます。

また、上の歯が引っ込むと上唇も引っ込むので、相対的に鼻が高くなったように見えるので喜ばれました。

そう生の症例 ②

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
2年半
治療費
980,000円

20代女性で、上下顎前歯のがたがたを気にされ来院されました。結婚式を1年後に控えていて、それまでに綺麗な歯並びにされたいけど、ブラケットを表側に装着されたくないとの事で、裏側矯正とインビザライン治療をお勧めしました。検査診断の結果、上下顎左右第1小臼歯、計4本抜歯後インビザライン治療で開始しました。抜歯した隙間はありましたが、前歯は綺麗に並び、結婚式を無事迎えられました。隙間は、レジンという歯と同じ色のプラスチックで一時的に目立たないようにしました。その後、さらに治療を進めました。側方歯が開咬になったので、顎間ゴムを使用して改善しました。

治療期間は2年半となりましたが、アライナーをしっかり使用して頂き、治療は順調に終了しました。

そう生の症例 ③

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
歯磨きがしづらく、さらに虫歯を作ってしまう
年齢
30代
期間
2年6ヶ月
治療費
950,000円

30代男性で、上下の前歯のがたがたと上の前歯が出ていて、高校生の頃から気になっていたのですが、ブラケットを付けるのに抵抗がありそのままにされていたそうです。歯磨きがしづらく、虫歯で歯を治されている所も多く、このままだと、さらに虫歯を作ってしまうと、来院されました。裏側矯正を希望されていましたが、被せている歯が多く、噛み合わせが深いと裏側にブラケットは付けづらいので、インビザラインで治療することにしました。検査診断の結果、上顎左右第1小臼歯の計2本抜歯、下顎は非抜歯でIPRにより隙間を作り、がたがたを改善しました。まず、左側臼歯部に矯正インプラントを埋入して左上3番を遠心に牽引しました。その後、インビザライン治療に移行しました。下顎右側臼歯部の舌側への傾斜回転が大きく、ブラケット治療では改善がとても難しいと思われますが、インビザライン治療では比較的簡単に行えました。治療期間は、2年6ヶ月でした。

今後、銀歯を白い被せ物にする治療をして、さらに綺麗にされる予定です。

そう生の症例 ④

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上の前歯が出ているのが気になる
年齢
10代
期間
2年
治療費
950,000円

10代の大学生の男性で、上の前歯が出ているのを気にされて来院されました。お母様も一緒に来院され、小さい頃から出っ歯を気にされていて治療させたかったようですが、ブラケットを付けるのに抵抗があったのと、学校が忙しくて、比較的時間に余裕がある大学生になってしまったとの事でした。患者様本人も受験が終わったので治療を始めたいと積極的でした。検査診断の結果、上顎左右第1小臼歯抜歯、下顎非抜歯でインビザライン治療を開始しました。アライナーを当初から、しっかり使用され、良いペースで治療は終了しました。

インビザライン治療では、患者様の協力、アライナーを1日20時間使用する事がとても重要です。毎日、チューイーを噛んで頂き、お渡ししたアライナーを規則通りに使用される事が、治療の成功に関わります。使用さえして頂ければ、インビザライン治療は、色々な歯並びで可能です。

そう生の症例 ⑤

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎前歯のがたがたが気になる
年齢
30代
期間
1年4ヶ月
治療費
900,000円

30代女性で、上下顎前歯のがたがたを気にされ来院されました。できれば、上の歯を引っ込められたいとのことで、非抜歯で上下の前歯をIPRして、インビザライン治療を開始しました。勤務時間が定時ではないご職業でしたので、決まった時間に食事ができず、アライナー使用は大変だったと思いますが、よく使用され、1年4ヵ月で綺麗に治りました。また、上顎の突出感も改善できました。

そう生の症例 ⑥

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上と下の前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
2年
治療費
950,000円

20代女性で、上と下の前歯のがたがたを気にされ来院されました。特に、上の前歯の捻転(翼状捻転)を治されたいとの事でした。検査診断の結果、非抜歯で、上下前歯をIPRして、インビザライン治療を開始しました。当初は前歯のがたがたが改善すれば良いとのことでしたが、綺麗に並んでくると、細かいところが気になってきました。上の前歯の切縁をまっすぐに並べられたいとのご希望があり、治療をさせて頂きました。治療途中で出産もされ、治療期間は2年とかかりましたが、ご満足して頂きました。

インビザラインの治療では、最初に型取り(光学印象)をしてから、4年間は何度でも修正治療は可能です。可能な治療は出来るだけ、患者様のご希望に応えたいと思っていますので、気になるところは、遠慮なくおっしゃって下さい。

そう生の症例 ⑦

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
後戻りで上下顎前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
1年
治療費
800,000円
(他院で全顎マルチブラケットによる治療をされた方の後戻りの治療は、10%割引をします)

20代女性で、10代で矯正された事がありますが、後戻りで上下顎前歯のがたがたになり、来院されました。また、上の歯の形と大きさが悪い事も気にされていたので、IPRする事で、形を整える事にしました。しっかりアライナーを使用して1年で終了しました。一度後戻りをしているので、保定装置(リベラリテーナー)をしっかり就寝中使用してもらっています。一度矯正治療をされた方の治療法は、移動量が少ないのでインビザラインがお勧めです。

当院では、矯正治療経験者の再治療は、どの方法でも正規の基本施術料治から10%割引しています。

そう生の症例 ⑧

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
後戻りで上下の前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
1年
治療費
800,000円
(他院で全顎マルチブラケットによる治療をされた方の後戻りの治療は、10%割引をします)

20代女性で、中学生の頃に一度矯正をされましたが、後戻りしてしまい、上下の前歯のがたがたが気になり来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯をIPRして、非抜歯でインビザライン治療を行いました。1年間で終了して、保定装置を使用しています。残念ながら、矯正治療において後戻りはとても多いです。
インビザライン治療では、治療中にマウスピース型の保定装置を1日20時間使用しているようなものなので、治療後に、就寝中だけならとても楽になったと、保定装置の使用が苦にならない傾向があります。それに対して、ブラケット治療の場合、マウスピース(アライナー)の使用が面倒なので固定式のブラケット治療を選ばれているので、保定装置の使用も徹底できず、後戻りが起きやすいです。その為、最近では、上下とも前歯の裏側に針金による保定を行う矯正医が増えています。

そう生の症例 ⑨

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎の前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
1年
治療費
900,000円

20代女性で、上下顎の前歯のがたがたを気にされ、来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯IPRをして、非抜歯でインビザライン治療を行いました。1年間で終了して、現在保定装置を使用しています。どの症例を見て頂いてわかるように、上下の前歯の真ん中がほぼ一致していると思います。インビザライン治療では、上下左右のIPR量を変える事で一致させやすいと考えています。

そう生の症例 ⑩

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎前歯のがたがたが気になる
年齢
50代
期間
1年6ヶ月
治療費
950,000円

50代男性で、上下顎前歯のがたがたががだんだんひどくなってきたのを気にされ、来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯IPRをして、非抜歯でインビザライン治療を行いました。20歳を超えた男性は女性よりも歯が動きにくいと思います。ただ、動かない訳ではないので、治療期間が女性より長くなることご了承頂ければ、充分治療が可能です。この患者様でも、通常なら1年間で終了するがたがただと思いますが、1年6ヵ月かかってしまいました。

そう生の症例 ⑪

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
1年
治療費
920,000円

20代女性で、上下顎前歯のがたがたを気にされ来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯IPRをして、非抜歯でインビザライン治療を行いました。1年間ほぼ改善したところ、左上前歯の先端の形が悪く、削って形を整えた為、治療にさらに1年間かかりました。
このように矯正治療では、エナメル質の範囲内でしたら、歯の形を整える事が可能です。また、特にインビザライン治療では、半年経つとアライナーの使用が苦にならなくなります。その為、治療当初はある程度良くなればいいと思われている患者様でも、さらに完璧を目指し、治療への要求が高くなります。ブラケット治療では、早く外されたい患者様が多く、もう少し治療をすればもっと綺麗になる、と申し上げても外すのを希望されます。

そう生の症例 ⑫

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
ブリッジ治療をしていたが、審美的に良くないのが気になる
年齢
40代
期間
2年
治療費
930,000円

歯科医からの紹介で来院されました。40代の女性で、上下顎前歯のがたがたと左上3番の欠損の為にブリッジ治療をされていましたが、審美的に良くなく、この機会に全体的に治療されたいとの事でした。下の左右犬歯も前に出ていたので、以下の治療法を考えました。

①左上犬歯が既に欠損の為、右上1本と下の歯を2本抜歯
②上下非抜歯で、矯正治療後に左上犬歯部分の補綴(ブリッジ、インプラント)

紹介して頂いた先生と相談の上、②で治療することにしました。インビザライン治療により、下顎前歯をIPRして、配列して、上顎は、右上犬歯部分に1本分の隙間を作り、補綴的改善を行いました。インビザライン治療中に仮歯を作製したので、2年間かかりました。治療前後で歯の色が悪いのは、カメラをかえたからです。

そう生の症例 ⑬

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上の前歯のがたがたと上の真ん中が左側にずれているのが気になる
年齢
10代
期間
1年
治療費
900,000円

10代女性で、上の前歯のがたがたと上の真ん中が左側にずれているのを気にされて、来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯のIPRをして、非抜歯でインビザラインによる治療を行いました。約1年で終了しました。左上の前歯が下の歯より内側にある歯並びの場合、インビザライン治療では、一つのアライナーで0.25mmずつ前に移動させるので、アライナーを外して食事される時に下の歯に上の歯がぶつかる期間が約3~4ヵ月続きます。また、ブラケット治療では、上の前歯のがたがたですと、全ての歯に装置を付けて、一度前に出して並べてからIPRして舌側に引っ込めます。

インビザライン治療では、先にIPRして歯を横にずらして隙間を作ってから左上の奥まった歯を前に出します。従って、ブラケット治療の方が早く並びますが、インビザライン治療の方が余計な動き(ジグリング)がありません。

そう生の症例 ⑭

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎前歯のがたがた、特に前歯から2番目の歯が左右とも引っ込んでいるのが気になる
年齢
20代
期間
1年8ヶ月
治療費
920,000円

20代女性で、上下顎前歯のがたがた、特に前歯から2番目の歯が左右とも引っ込んでいるのを気にされ、来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯のIPRをして、非抜歯による治療を行いました。がたがたを改善すると、三角空隙(ブラックトライアングル)ができてしまう事が多いです。

三角空隙とは、歯肉側にできる歯と歯の隙間です。歯の形は長方形ではなく逆三角形なので、切端側は隣の歯と接触していても、歯茎側は隙間があります。通常その隙間は歯肉で覆われますが、がたがたがあった部分の歯肉は退縮しているので、歯並びを改善すると隙間ができてしまうのです。対処法としては、IPRで切端側の接触部を削る事により小さくできます。

そう生の症例 ⑮

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上下顎前歯のがたがたが気になる
年齢
10代
期間
1年8ヶ月
治療費
920,000円

10代女性(高校生)で、上下顎前歯のがたがたを気にされ、来院されました。検査診断の結果、上下顎前歯をIPRして、非抜歯でインビザラインによる治療を行いました。審美的要望が高く6回追加アライナーを作製したので、治療期間が1年8ヵ月かかりました。
インビザライン治療では、最初に型取りをさせて頂いてから、4年間は何度でも、調整料のみで修正の為の追加アライナーは作製できます。ただ、追加アライナーは、型取りをしてから、アメリカにあるインビザラインの会社(アラインテクノロジー社)に送り、アライナーができてきて患者様にお渡しするのに1ヵ月時間がかかります。従って、この患者様は、治療期間は、1年8ヵ月でも、実際は、追加アライナーを6回作製していますので、プラス6ヵ月、2年2ヵ月かかっています。

そう生の症例 ⑯

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上の前歯のがたがたが気になる
年齢
20代
期間
1年
治療費
900,000円

上の前歯のがたがたを気にされ来院されました。検査診断の結果、非抜歯でインビザライン治療を開始しました。右上の前歯のように、歯の向きを正確に改善するのは、インビザライン治療では比較的時間がかかります。アタッチメントを前歯に付けられば、難しくないのですが、前歯にアタッチメントを付けると目立つので患者様は付けられたくない方がほとんどです。そのような場合は、裏側にアタッチメントを付けますので、ご安心下さい。しっかりアライナーを装着して、1年で治療は終了しました。

そう生の症例 ⑰

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
歯のがたがたが気になる
年齢
-
期間
2年10ヶ月
治療費
860,000円

歯の叢生が著しいため、上下左右1本ずつ、計4本小臼歯を抜歯し治療を行いました。そのため、治療期間は3年近くなりましたが、叢生が改善されたことによって歯磨きがしやすく、虫歯のリスクや、歯肉炎のリスクも減り、患者さんは笑顔にも自信を持ちました。矯正治療がおわった後も、半年~1年に一度経過観察しており、後戻りもなく咬合状態はきれいに保たれております。

そう生の症例 ⑱

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
ものがかみづらいのが気になる
年齢
-
期間
2年1ヶ月
治療費
720,000円

この患者さんは、骨格的に上顎に対して下顎が前にあり、かつ広いため、噛み合わせを作る際にまず上下の歯列を整えました。また、小臼歯を咬合させるため、患者さんに顎間ゴムを積極的に使用して頂きました。大変治療の協力度が高い患者さんのため、小臼歯が噛み合うのも早く、最後の咬合は安定しております。

そう生の症例 ⑲

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
前歯が出ているのが気になる
年齢
-
期間
1年10ヶ月
治療費
750,000円

この患者さんは、歯のガタガタが多くないため、抜歯を行うことなく治療しました。しかし、前歯の角度は唇側に傾いており、出っ歯傾向にあったため、後ろの大臼歯をさらに後ろに移動させる事で前歯を中に移動させました。矯正用インプラントアンカースクリューという、小さいネジのような装置を歯肉に埋入し、上顎の歯を移動させました。この装置は侵襲性が少なく、患者さんの負担は大変少ないのですが、歯を24時間効果的に移動させるのに大変有効な装置で、使用する事で治療期間はより短くできます。成人の矯正治療では、大変多く用いております。

そう生の症例 ⑳

治療前 治療後
そう生の症例 治療後 そう生の症例
主訴
上の前歯が深く噛みこんで下の唇をよく噛む、顎が痛いことがある
年齢
-
期間
3年2ヶ月
治療費
740,000円

噛み合わせが深く、顎が痛いことがあるとの訴えがある患者さんです。上顎骨が下顎骨に対して前方位にあり、また、噛み合わせの深さを治すため、上顎は両側小臼歯を計2本抜歯して治療しております。矯正用インプラントアンカースクリューという小さいネジの装置を併用し、噛み合わせをあげました。噛み合わせをあげるのは矯正治療の中で特に難しいですが、患者さんの治療協力を十分に得ることができ、治療期間は2年半でした。

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A