Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

口臭

朝のワイドショーで、口臭の特集をしていました。外国人100人に聞いたところ、日本人の口臭が気になる方は、68人いたそうです。ある方は、口臭が気になり、地下鉄には 乗らないとまで言っていました。
原因は、歯槽膿漏、専門用語では、歯周病です。
歯周炎とは違います。
食べ物が、歯に残ると歯周病菌がそれらを分解して、歯垢になります。歯垢が固まると歯石になります。歯垢は、歯磨きで除去ができますが、歯石になってしまうと、歯医者さんで除去する必要があります。歯垢が、長時間残ってしまうと歯茎が腫れ、歯周炎になります。歯周炎は歯磨きをしっかりすれば、治癒します。可逆性です。
しかし、歯垢がさらに長時間残ると、歯を支えている歯槽骨が溶け、歯周病になってしまいます。歯周病は、不可逆性で完治はしませんが、歯磨きと歯医者さんでのクリーニングにより、進行は止められます。
歯周病は、60代以上で90パーセント、30〜50代で80パーセント、20代でも70パーセントの方が罹患しています。コメンテーターの方がおっしゃってましたが、歯周病にならない「予防」ではなく、これからは歯周病の「治療」と考え、歯医者さんに定期的に通院する必要があると思います。
歯周病は、口臭の原因だけでなく
①アルツハイマー
②心内膜炎
③誤嚥性肺炎
の原因でもあります。
歯周病菌が出す毒素が血液やリンパ液に混ざり、脳や心臓に運ばれてしまうからです。
60代以上の方が、若い時にしておけば良かった事の第1位が「歯のメンテナンス」とも言われています。
当院でも、ご両親様がお子様の「歯」に注意され、定期検診やフッ素塗布に来院して頂いてますが、小学校高学年になると、習い事や塾で忙しくなり、徐々に定期検診にいらっしゃらなくなります。一番定期検診をして頂きたい30〜40代のご両親様が、お仕事や子育てが忙しく「歯のメンテナンス」にいらして頂けないと感じています。
歯科治療も早期発見・早期治療がとても重要です。
間違った方法で歯磨きをしても効果は小さいので、正しい方法を歯医者さんで学んで頂ければと思います。当院では、優秀な歯科衛生士が3人常勤でいます。
私もこの仕事に就いていなければ、歯はボロボロになっていたと思います。
ぜひ、歯の定期検診にいらして頂ければと思います。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:   カテゴリ:その他, 医院Blog

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A