Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

歯医者さんの診療台(ユニット)

荒川区南千住で開業させて頂き、早2年が経とうしています。たくさんの患者様にいらして頂き、歯医者さんの診療台、ユニットも足りなくなってきましたので、本日、もう一台設置sることにしましました。ユニット会社のモリタ様と販売会社のケーオーデンタル様のご協力により、無事に設置して頂きました。設置は診療後になり、深夜までかかってしまい、感謝してもしきれません。
22日からは、ユニット4台になりますので、患者様の待ち時間の短縮とご予約が取りやすくなると思っています。
ユニットは、もう一台設置可能ですので、できれば今年中に設置を考えています。
新しいユニットは青色にしました。今まであるユニットは、赤色・黄色・緑色でしたので、スタッフの意見を聞き、青色に決めました。当初、青色には、私は反対でしたが、設置してみると大正解でした。とても綺麗な色で医院にあった色でした。もう一台を設置する時もスタッフの意見通りにしようと思います。
さて、以前のブログで、ユニットの基盤の写真をお見せしましたので、今回はうがいや座る部分の写真をお見せします。

最近の歯科のユニットはコンピュターで制御されていますので、複雑な構造になっています。また、乾燥させる為のエアー機能、うがいや水洗する為に給水と排水機能をもたないといけません。特に、コンピューターと水回りという水と油の環境が同居するので壊れやすいです。
治療中に患者様の唾液を吸うバキューム機能もあります。
歯を削る道具には、エンジンとタービンの2種類があります。
エンジンには、小型モーターが内蔵されており、回転速度はおよそ100~40000回転/分です。
タービンとは、 エアーで切削器具を回転(風車のイメージ)させ、40~50万回転/分もの回転速度があります。歯医者さんでキュイーンと聞こえる嫌な音を出す物です。回転速度が高いので、エンジンよりもはるかに切削能力が高く、振動も少ないのが特徴です。タービンで歯を削る時には、高回転の為に熱を発するので、注水が必要なのです。
歯の歯石などを除去するスケーラーもあります。
また、最近のユニットには、手などが挟まれないような安全装置もあります。
私が歯医者になった26年前には、ユニットにはガス管もあり、ワックスを溶かしたり、滅菌の為に火がつけられました。しかし、今では法律でガス管は禁止になり、ガスバーナーで代用しています。
このように、ユニットには多くの機能があるので、細心の注意をして、設置されていたので時間がとてもかかりました。
また、当院のスタッフも終電まで残って設置、説明を聞いてくれ、歯科医院は皆様の協力の元に成り立っていると、再認識しました。
なんとか、良い医院にしようと考えていますので、今後とも南千住小児歯科矯正歯科を、よろしくお願い致します。

 

 

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:   カテゴリ:その他, 医院Blog

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A