Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi南千住2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

カテゴリ: 歯科衛生士Kさんの矯正日記

治療の経過をご報告!

こんにちは😃

歯科衛生士のkです😊

皆さんいかがお過ごしでしょうか??

 

今日も治療経過についてご報告したいと思います。

 

前回お話しした犬歯の遠心移動が順調に進み、前歯が大分後ろに下がってきました。今まで前歯が全く咬み合っていなかったのですが…

 

なんと!!!

前歯がぶつかり始めました。びっくり!!

 

 

 

前から見るとあまり分からないかもしれませんが、

 

 

 

 

横から見るとよくわかります(>_<)

全くぶつかって無かったのに、すごい!!!

 

 

初診時の状態と比べてみるとかなりの変化を感じます。

 

歯が動くのは意外と早いなぁ…と感じました。

もちろん歯の動きには、個人差がございます。

やっぱり抜歯窩が気になりますね(´;ω;`)早く抜歯窩が閉じて欲しいです!

 

前から見ると全然分からないのですが、横からの角度だとあれれ?っとなります(笑)

 

どうしても抜歯窩が気になる方は、仮歯を一時的付けることも出来ますのでご相談くださいね✨

 

仮歯を付けると清掃性が悪くなるので、歯磨きを頑張っていただくことを念頭に置いてくださいね!

 

ところで、皆さんお気づきでしょうか??

下の歯にもワイヤーが付いてるー!!!

 

 

 

ついに上下に装置がつきました…😁

 

嬉しい様な嬉しくない様な複雑な気持ちです。

 

下の歯に装置を付けた感想の1番は、とにかく物が詰まります( ;  ; )

私は上よりも詰まりが気になります。おそらく時間が経てば同じ様に慣れてしまうと思いますが…

人間の適応能力にそうご期待!笑

 

 

 

そして…

右上の親知らずの抜歯を無事に終えました。

 

当院の抜歯が早くて有名な先生に抜いてもらいました。

麻酔をしていざ、、!!

なんと20秒程で抜けました。びっくり!

麻酔さえ頑張ればお痛みはございません。麻酔が切れたあとに数日は、傷口がジンジンする感じはありました。今はすっかり忘れてしまうくらい何も感じません。

 

 

写真でみると既に傷口が治りつつあります!!

治癒力に感動ですね🌟早い!

 

 

矯正を開始してまだ、半年くらいですが、

セファロで比較するとかなりの変化が見られました。

 

初診時

 

 

現在

 

 

 

 

前歯に注目してみてください。

かなり後ろに下がりました。角度も比べて見てみると変化がよく分かるかと思います。

 

セファロ分析もしてみたのですが、数値にも変化がみられました。前歯の角度はこれ以上は後ろには下げることは出来ません。以前もお話ししましたが、ラビッティング(うさぎの様な前歯)してしまいます。

 

Eラインも綺麗に収まっています。

 

Eライン(エステティックライン)とは、顔を横から見たときに鼻先と顎を結んだ線のこと。鼻筋や口元、フェイスラインのバランスを表す指標とされています。

 

私の場合はラビッティングを避ける事やEライン等のバランスを考慮して噛み合わせのゴールをII級関係にしています。

I級関係を目指すのが必須ではなく、個人によって目指すゴールは変わる事があります。

 

I級関係とは、上下の第一大臼歯が近遠心的に正常に咬合すること指します。

赤い線のところを見てください。

第一大臼歯とは奥歯の後ろから二番目の歯を指します。(親知らずを除く)

 

 

 

 

 

 

私の場合は臼歯関係をII級にして前歯はI級に噛みあう状態をゴールにします。

 

アングルの分類で言うならば、II級II類を参考にすると分かりやすいです。

 

II級II類は、上顎第一大臼歯に対し、下顎第一大臼歯が遠心に咬合し、上顎前歯の後退を伴う(正常な鼻呼吸を行なう)。ことを指します。

 

 

 

 

難しい内容ですね。

矯正の症例には「Angle 分類」という分類の仕方があります。

 

この中でもⅡ級症例が一番難しいと言われております。
抜歯した第一小臼歯(4番)のスペースが叢生を解くためにすべて使われてしまい、上顎前歯を後方移動するための隙間がなくなってしまうからです。これでは臼歯関係は Ⅱ級のままで上顎前突は完全に治りません。

 

私の場合は前歯を後方に下げることが必要です。しかし、叢生が大きく無い為、抜歯スペースを全て使用して前歯を下げた場合口元が下がりすぎてしまうのです。

院長にとても難しい症例といわれましたが、確かに…

下顎を前に出す手術をする事が1番良かったのかもしれませんが…

 

何が1番良いのかは誰も分かりません笑

矯正治療は本人が満足する事が出来れば、ある意味成功なのです!

私はとにかく前歯で物を噛める様になる事を目的に開始したので、ある意味もうそこはクリアしました(^_^)

 

今後のゴールがどの様になるのかドキドキです😣

 

 

これまでは、前歯を後ろに下げていく治癒を行っていましたが、次の段階に入りました。

これからは、上の5番目と6番目の歯を前に移動させていく治療です。

また経過を報告していきますね!!

 

 

矯正治療は一生ものです。長い人生の2、3年と思えば短いです。

 

個人的に矯正治療を始めてから思うことベスト3

 

第3位  歯が動いている変化見るのが楽しい

 

毎日、鏡を見て変化を観察しています笑

 

第2位  顔が変わった

 

写真とかを見ると、顔がシュッとした感じや口元の感じが大分変わった様に感じます!

 

そして…注目の

 

第1位  早く終わらないかな… 装置を外したい〜!

 

 

人生で考えれば短いですが、日常生活をしているとやっぱり気になります😣

 

外れた時のご飯や歯磨きが楽しみです♪

 

見た目はもちろんお手入れが大変ですよね。歯科衛生士の私でも歯磨きが難しいと感じますので、矯正治療をしている皆様はさらに大変でしょう…

 

当院にいらした際は、クリーニングをさせていただき、歯磨きのやり方のアドバイスや磨きやすいセルフケアグッズもお渡しいたします!お困りの事があればお気軽にご相談くださいね!

 

一緒に綺麗な歯並びを目指して頑張りましょう(^_^)

 

では、また〜👋

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:未分類, 歯科衛生士Kさんの矯正日記, 矯正治療日記

犬歯の遠心移動スタート!!

お久しぶりです!歯科衛生士のKです(*^-^*)

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?熱中症にならないようきちんと水分補給してくださいね☀️

 

今日は私の矯正治療の経過をご報告いたします。

前回のブログでは上の左右第一小臼歯(前から4番目)の抜歯体験と、初めての矯正装置を付けてみての感想をお話をしました。

ワイヤーの調整は一カ月に1回なので、大きな変化は無いですが、きちんと歯が動いてきています☺

今、私が行っている治療は上顎左右犬歯(前から3番目)の遠心移動です。

上4番目の歯を抜歯したので、その隙間を使用して前歯を下げていく動きをしています。一度に全ての歯を下げていくのでは無く、まずは3番を遠心移動していきます。最後に前歯全体を下げていくのです。いきなりすべての歯を後ろに下げてしまうとラビッティング(うさぎのような前歯)になってしまうリスクがあります。3番目が後ろに下がったスペースを使って前歯全体を下げていく事によって、ラビッティングするのを防ぎます。

 

早く前歯を後ろに引っ込めたいと思われる方も多いとは思いますが、焦らずに地道に頑張りましょう(>_<)

では、実際にみてみましょう!!

 

 

 

 

 

おー!!埋入したインプラントが遂に活躍し始めました!実際にみてみるとイメージが湧くかと思います。

 

綱引きを想像してみてください。奥歯から犬歯を引っ張ると、奥歯も多少前方へ引っ張られる力が加わりますよね??

犬歯を後ろに下げる力を最大限にする為にインプラントから引っ張っています。インプラントの力を使用する事で奥歯が前方に動くの防いでいます。すごいー!!☺

インプラント(アンカースクリュー)を埋入する際に『痛くないんですか?怖いなぁ…』と患者様から不安の声をいただきます。

局所麻酔を行うので痛みは全くありません。もちろん麻酔の痛みは少なからずあります。

インプラントを埋入自体もあっと言う間に終わってしまうので、もう終わったの⁉と驚きました。痛みはないですが、押されている様な違和感は感じます。

私の場合は術後の痛みもほとんどありませんでした。麻酔が切れた後の痛みが心配な方には、痛み止めも処方しますのでご安心ください。

インプラント周りは汚れや細菌がたまりやすいので、歯磨きが重要です。当院ではワンタフトブラシ専用の歯ブラシを差し上げております。専用のブラシで清潔に保てるように頑張りましょう!

インプラント周りが清潔に保たれていないと、インプラントがグラグラ揺れてきてしまい、痛みを伴ったり一度除去しなくてはならない事あります。

矯正中は歯磨きが大変ですが、習慣化してしまえば意外と出来ちゃうものです。一緒に頑張りましょう~(*^-^*)

 

あれれ???

 

 

右上の親知らずが顔を出してきています!こんにちはー!

最初の状態と比べると随分と伸びてきました。抜歯をしたことによって、

前方へスペースが出来たために、グイグイと前方へ押しながら顔を出してきて様です。

せっかく、インプラントやパラタルバーを使用して奥歯の位置を固定しているのに…

 

※パラタルバー

◎左右6番(奥から2番目の歯)の位置を固定する役割

他には、奥歯を圧下させる

奥歯の向きや位置を改善する

役割を持ちます。

私の口腔内の場合は特に◎の働きをしてもらう為に使用しています。

 

親知らずによって奥歯が前に押し出されてしまったら困りますね(´;ω;`)

親知らずは検査結果をみて先に抜歯をする、又は、治療を進めていく上で必要があれば抜歯することがあります。

 

私の場合は手前の奥歯を押し出して生えてきてしまった為に、抜歯することになりました。これから抜歯予定です。やっぱり歯を抜くのはドキドキします…

 

さて、

矯正治療は1ヶ月に1回の調整で少しずつ歯を動かしていきます。中々変化を感じるまでに時間がかかるように感じられる方も多いかと思います。

しかし、きちんと歯は動いて変化しています。写真を見比べるとよく分かりますね!

ここで、歯がどのような仕組みで動いていくのか少しお話しします😊

歯は歯根膜と歯槽骨(あごの骨)によって支えられています。

歯が動くには、歯槽骨の代謝が大きく関係しています。例えば歯を右側に動かしたいとき、右側の歯槽骨(歯を支えている骨)に力がかかります。すると右側の歯槽骨が溶けるのです。その溶けた隙間に向かって歯が動いていきます。反対に左側の支えている側の歯槽骨が、右側に動いた分の隙間を埋めるように作られていきます。

わかりにくいですがイラストを書いてみたので参考にしてみて下さい。

 

 

結果として歯の入っている穴が右にずれていきます。歯の1ヶ月に動く量は0.5〜1mm程度です。無理に強い力をかけたからといって早く動くわけではありません。骨の代謝によって自然に動いていきます。簡単にいうと骨を破壊するのと再生するのを繰り返して進めていします。ですからやみくもに力をかけすぎるのは良くないのがなんとなく想像がつきますよね?🤔🤔

 

焦らずゆっくり綺麗な歯並びにしていきましょう!

少し難しいお話になりましたが何となくお分かりいただけましたでしょうか?

 

私の治療経過はまたこちらで報告させていただます。次の変化が楽しみですね(*˙ᵕ˙ *)

 

南千住小児歯科矯正歯科では、矯正の無料相談を行っております。完全予約制になりますので、ご予約が必要となります。ぜひ1度ご相談にいらしてくださいね☺️

 

それでは失礼します!

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:歯科衛生士Kさんの矯正日記, 矯正日記

本格的にスタート!


こんにちは。お久しぶりです!歯科衛生士のKです😊段々暖かくなってきて春ですね〜

 

さて前回自分の治療計画についてブログを書きましたが、ついに本当に治療がスタートしましたので経過についてブログを書きたいと思います!

 

私は上の四番目の歯を2本抜歯する事からスタートしました。よく患者様に「歯を抜くのは痛いですか?」と不安の声をよくお聞きしますので少しでも参考にしていただけたら光栄です。

 

いざ自分が抜歯されるとなると私もかなり緊張しました…どの様な工程を踏むかを知ってるが故にかもしれません(>_<)(笑)

ただ結論から言うと麻酔は少し痛いですが、歯を抜くことに関しては全く痛みはありません。ご安心下さい。

 

当院では抜歯も行えるドクターがいますので安心です。抜歯だけ他院に行かなくてはいけない歯科さんも多いので南千住小児歯科矯正歯科の強みの1つです!表面麻酔を塗ってから実際に麻酔をするので痛みも少しでも軽減させる処置を行っています。

 

私は2本同時に抜きましたが、麻酔や止血を含め30分くらいで終わりました。麻酔がきれた後は少し違和感とじんじんする感じがある程度で痛み止めも飲まずに過ごせました。ただその日のうちは血が滲みます。

 

抜歯後は出来るだけ安静に過ごしてください。激しい運動や飲酒、入浴等血行が良くなることをしてしまうと血が止まりにくくなったり痛みがでやすくなります。

血が滲むのが気になって過度にうがいをされてしまう方もいますが、そうするとかさぶたたが出来なくなってしまったり、かさぶたが剥がれてしまいますので注意しましょう。

どうしても血が止まらない場合はガーゼや丸めたティッシュをぎゅっと噛む事で止まります。よく耳にする圧迫止血です。

 

歯磨きも傷口が落ち着くまでは無理にしなくて結構です。優しい力で傷口に触れないように隣の歯だけ磨くようにしましょう。ただ傷口が感染症を起こさないよう口腔内は清潔に保てるとベストです。

これから歯を抜くご予定の方は上記の注意事項を頭に入れておきましょう😊

では私の口腔内の写真をみてみましょう!回覧注意!!!お見苦しい…汚くて辛い

 

 

ブラケットが付いてるー!!!✨抜歯窩も治りつつありますね!当院ではホワイトワイヤーを使用しているため見た目は思ったより目立たないかなと感じました。

ついに本格的にスタートです。私の場合は上顎からワイヤーを通しました。もちろん下顎も今後ワイヤーを通していきます。

 

まずは上の3番目の歯(犬歯)を遠心移動していくそうです。埋入したインプラントが活躍する予感ですね!またそちらの経過もご報告させていただきます。

ここで患者様から1番お受けする質問です。ワイヤーを付けたあとは痛いですか?

 

実際私が付けた感想は痛いです(笑)人それぞれ感じ方は異なるとは思いますが、それなりに痛みはあります。もちろん歯を動かすので仕方ないことです。ただ患者様によっては全く痛みを感じない方もいたりします。

ただ耐えられない程のお痛みではないのでご安心下さい。私は痛み止めを飲まずに生活しました。もちろん当院では痛み止めも処方出来ますので遠慮せずおっしゃってくださいね◎

私は診療のお昼休みに装置とワイヤーを付けたのですが、勤務が終わる19時頃には鈍痛が既にありました。何もしていない時は鈍痛なのでちょっと痛いなぁ…押さえつけられている様な圧迫感と違和感があるなぁ…という感じです。

 

ただ1番痛みを感じるのはお食事の時です😅患者様に柔らかくて噛まずに食べられる様なものを用意して置いてくださいと、何度も説明をしてきましたが本当にその通りです。

噛む時の痛みはかなり痛く感じました。あまり感じた事のない新しいタイプの痛みです(笑)ぎゅっ!っと噛むことが出来ません。ただ必然的に食欲が減退するのでダイエットになりそう〜!と思いました😊

が、3日もすれば痛みも落ち着き初めある程度の物は普段通りに噛めるようになりました。なのでダイエットはそんなに甘くなかったです…😅個人差がありますので1週間程続く方もいらっしゃいます。

 

私の場合は装置を付けてから4日目にはポッキー食べられました!(もちろん痛みはありますが耐えれる程度)

矯正治療で痛みについて不安を感じてる方が1番多いかと思いますが、皆さん慣れていきますので最初は特に痛みを感じるかと思いますが綺麗な歯並びや正常な噛み合わせの為に一緒に頑張りましょう(*¨*)

 

基本的にワイヤー矯正の場合1ヶ月に一度のご来院でワイヤーを矯正医が調整していきます。調整の度に痛みが3日~1週間続きその後は普段通り過ごせます。それの繰り返しです。

 

私が装置を付けて感じたことはお痛みの他にやはり自分の歯の上に無かったものが付くので、厚みを感じ唇が閉じにくいように感じました。

 

最初の内は特に感じやすいですね。ただこちらも既になれてしまいました!最初の内は装置が唇や粘膜に当たり口内炎が出来やすいです。当院ではワックスといってクッション材の様な物をお渡しするので、もし口内炎が出来てしまった場合は、是非活用して見て下さい☺

 

 

口内炎が出来てしまった場所に対応するブラケット装置に、ワックスを米粒大にちぎりぺたっと貼り付ける事で、そこに口内炎が当たっても痛みが軽減されます😀

矯正治療は痛みやアクシンデントが付き物ですが、変化が目に見えて分かるのでモチベーションも上がる治療だと私は思います!

 

矯正治療に興味があるけど悩んでいる方は是非1度ご相談にいらしてくださいね☺️

無料相談のご予約はお電話のみならずネットからでも受付けております。

 

それではまた次回の更新で会いましょう!

 

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:歯科衛生士Kさんの矯正日記

歯列矯正を始めます!

こんにちは。

実は当院にて歯列矯正を始める事になりました👏当院スタッフで2人目です👏

なので今回は私の現在の口腔内の状態と今後の治療計画についてお話をして参ります!
歯並びや噛み合わせで悩んでいる方にとって少しでも参考になれたら光栄でございます。

現在の私の口腔内なのですが一見歯並びは綺麗なので、周りの友人等には歯列矯正をする意味や生活する上で不便な口腔内である事をあまり理解して貰えません…

この写真をみると少し理解して頂けますでしょうか?(お見苦しいお写真申し訳ございません🙇‍♂️)
前歯が全く噛み合っておりません。

歯科でいうオープンバイト(開咬)です。

歯が上下的に離れており咬んでいない状態です。
前歯だけのタイプや奥歯以外咬んでいないタイプ、側方歯が咬んでいないタイプなどがあります。私の場合は混合しているかと思います。

通常、下顎切歯の切縁は基底結節か、またはその上方で上顎切歯の舌側面に接触しています。(1~2mmの垂直的被蓋が見られます)

開咬はなぜ起きるのでしょうか??
いくつか要因をご紹介いたします。

★骨格が原因
遺伝
下の顎が後方位に下がっている(劣成長)
下顎面が長い

★歯列が原因の
上の前歯が前に傾斜している
下の前歯が前に傾斜している
上下の前歯の萌出度が低い

★環境要因
吸指癖(指しゃぶり)
舌突出癖
口呼吸
頬杖

等です。

私は幼少期に指しゃぶりを長らくしていたのでそれが原因の1つかもしれません…

なので私は生まれてこの方、前歯で食べ物が全く噛みきれません。麺類はもちろんレタスなど薄い野菜や海苔なんて絶対噛みきれないです。

不便なのはもちろんなのですが開咬って実はとても恐ろしいんです( ˃ ˂ )

噛める部分が一部しかない為その部分に負担がかなり加わります。よって筋肉や骨にも負担がかかるので顎関節症のリスクが高くなります。また奥歯しか噛み合ってない場合奥歯の負担が大きくなり将来的に歯が割れてしまうリスクがあり寿命が短くなります。

開咬により口呼吸の癖がある場合にはお口の中が乾きやすくなる為、唾液の作用が働きにくく細菌が繁殖しやすくなるので口臭の原因になったり、虫歯や歯周病リスク高くなります。

また前歯が開いている為に空気が抜けるので発音がしにくくなります。滑舌が悪くなりやすいです。

ちなみに私はさ行とた行が上手く発音出来ません…😭

歯科衛生士になるまではこのようなリスクを知らなかったので噛みにくいなぁとしか思っていなかったのですが、将来的に健康でいられるように良い咬み合せにしたいと考える様になりました。

矯正を始めるのを決断するのは中々時間がかかりましたが、長い人生の中の2~3年と考えると短いです。矯正を考えている方、勇気を出して共に頑張りましょう!✊

長くなりましたが、、
次に私の治療計画についてお話をいたします。

当院のblogのセファロ分析について
という記事も併用して読んで頂けると理解しやすいかと思います。

私のセファロ分析の結果がこちらになります。

青い枠より赤い線が右側に突出している箇所は平均値より過剰、左側に突出している箇所は平均値より不足している事を表しています。

私のセファロ分析の結果を見ていきましょう。

∠SNA:頭蓋底に対して上顎骨が、かなり後方位

をみると上顎骨が少し前方に出ている事が分かります。
私が上顎全突(出っ歯)に見える理由の一つは上顎の位置が影響している事が分かりました。

U1 to FH:FH平面に対して上顎中切歯が、唇側傾斜

をみると上の前歯の傾斜具合も平均値より少し唇側傾斜している事が分かります。
前歯傾き具合も上顎前突に見える理由の一つです。

A-B plane:相対的に、下顎骨が前方位

を見ると平均値より下顎骨が後方位に位置していることが分かります。

すなわち私は上顎に対し下顎の位置が後気味にある事で上顎前突に見える事、前歯が噛み合わずに開咬になっている事が分析出来ます。

セファロ分析凄いですね!院長先生にこの説明を初めて受けた時は衝撃でした。
院長先生は私の歯並びを見ただけでなんとなくの感覚で予測出来たみたいです。
さすが矯正専門医ですね!

ただ上顎中切歯が平均値と比較して大きく唇側傾斜しているわけではないので、上の歯列を後ろに下げる事によりラビッティッング(上顎中切歯が舌側に傾斜してしまいウサギのような口元)になるリスクがある為

下顎を前に引っ張る手術をして開咬を治す案も提案されましたが、手術は怖い!そして長期のお休みも必要になりますのでプラン2で勧める事になりました。

私の治療計画

上の歯列を後ろに下げる事で前歯が噛み合うようになる事を目指します。

そのため

①初めにアンカースクリュー(インプラント)を左右の奥歯に埋め込みます。
(直径2mm程の小さいなネジを骨に埋め込みます)

矯正では奥歯を支点として前歯などを移動させます。

奥歯は固定源となっているのですが、前歯に引っ張られることの反作用で少なからず奥歯も前に移動します。

綱引きをイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

アンカースクリューを使用するとアンカースクリューを固定源にして前歯のみを後ろに下げる事が出来ます。また強力な固定源になりますので通常より大きく前歯を後ろに動かす事が可能になります。

骨に定着せずにグラグラと抜け落ちて来てしまう場合もありますので最初にアンカースクリューを埋め込み定着するか様子を見ます。

②パラタルバーの使用

上顎の左右の奥歯にバンドをして、口蓋に沿わせた針金で固定する装置です。

パラタルバーの目的としては
アンカースクリューと同じく奥歯は前に移動しないように固定源の強化です。

③上顎左右4番目の歯の抜歯

上顎を後ろに下げる為にはスペースが必要になりますので、上顎の左右4番目の歯を抜歯する事によりスペースを確保します。

抜歯については1人1人の口腔内の状態やセファロ分析の結果で異なりますが、私の場合は上顎の2本です。

上と下で歯の本数が変わってしまい噛み合わないのでは?と思われた方もいらっしゃるかと思います。

下の歯も同じように2本抜歯した場合、今の咬み合せのまま後ろに平行移動してしまうので開咬は改善する事が出来ません。
上の歯列のみ後ろに移動させる事によりきちんと咬みあう事が出来るようになります。

④ブラケット装置の装着

ここまでの前準備が完了した状態で実際に矯正装置をつけて歯を動かしていきます。

私は表側矯正で治療を進めていきます。

当院の目立たない表側矯正は、透明なブラケットとホワイトワイヤーを追加料金なしで使用しているため、従来のブラケット矯正とは違い、装置が目立ちにくい特徴があります。

これからこの計画に沿って治療をすすめてまいりますのでどのように歯が動いていくかドキドキしております。

このblogを読んで少しでも参考になれたら光栄です!

当院では歯列矯正の無料相談も行っておりますのでお悩み等がありましたらお気軽にご相談下さいね😊お待ちしております。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:歯科衛生士Kさんの矯正日記

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi南千住2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A


メール相談


矯正料金
シミュレーション