Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi南千住2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

カテゴリ: 歯科衛生士Yさんの矯正日記

マウスピース矯正とワイヤー矯正

こんにちは〜✨✨歯科衛生士のYです。

矯正を始めたい!!でもマウスピース矯正とワイヤー矯正どちらが自分にあっているのか、、??と考えた事はありませんか?🤨

今回はマウスピース矯正とワイヤー矯正の違いやメリット、デメリットについて詳しくお話ししたいと思います💨💨

 

★マウスピース矯正(インビザライン)とは★

ワイヤーや、ブラケットなどを使わず、透明なマウスピースを使って歯並びを綺麗に並べる方法です。

目立たず、周囲に気付かれにくいのが特徴です。

⇧二枚目は、装置している写真です。

⇧この写真のように歯にポッチをつけて、これを固定源にして歯を動かしていきます。もちろんポッチをつけていなくても、歯はマウスピースに記憶されている歯並びに並んで行きます(о´∀`о)♪

ポッチも白く、そこまで目立つものでは無いのでお口の中の違和感が少なく、周囲にも気づかれにくいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

マウスピース矯正は歯並びが綺麗に並べぶまでに、オーダーメイドのマウスピースが沢山作られてきます。

マウスピースは1日20時以上間使用し、約9日交換、もしくは約4日交換で交換していくので自己管理が必要になります。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

メリット😊

・マウスピースは透明で装置しても目立たない。

・着脱可能な為、ワイヤー矯正などに比べて歯磨きが容易。

・金属アレルギーの心配がない。

・結婚式などのイベントに対応しやすい。

・通院回数が比較的少ない。

・食事中に外せる。矯正装置などに物が詰まりにくい。

 

デメリット😫

・長時間装着する必要がある。(20時間以上)

・自分で装置する為、計画通りに装着出来ないと治療期間が長引く原因になる。

・20時間と長時間装着する為、食事の後に歯を磨いたり、うがいをしないで装着してしまうと虫歯のリスクが上がる。

・紛失したり、壊れてしまわないよう注意が必要。

・表側のワイヤー矯正に比べ比較的高価。

・症例によって不向きな場合がある。

マウスピース矯正とワイヤー矯正を併用す事も

患者さまがマウスピース矯正をご希望の場合でも、マウスピース矯正のみでは症例によっては治療が難しい場合もあります。

歯科医師と相談のうえ、マウスピース矯正とワイヤー矯正を併用する場合もあります。

もしもの場合に備えて、マウスピース矯正だけでなくワイヤー矯正の経験も豊富な矯正専門医を受診することをおすすめします。

<インビザライン矯正とワイヤー矯正を併用するメリット>

・インビザライン矯正のみでは治療が難しい場合でも治療できる症例の幅が広がる

・ワイヤー矯正の装置を着けることにより治療期間を短くできる

・マウスピース矯正とワイヤー矯正両方のメリットを活かせる

 

★ワイヤー矯正とは★

ワイヤー、ブラケットと言う矯正装置を歯に直接接着させて歯並びを綺麗に並べる方法です。

*装置の名前は⇩こちらを参照にして下さい。

(JMオルソより)

固定式(自分では取れない装置)な為、マウスピースのような着脱が面倒、つけるのを忘れてしまいそう、、などの不安がある方はワイヤー矯正がおすすめです。

様々な種類があり、ワイヤー矯正でも目立ちにくい矯正装置もあります。

 

〜ワイヤー矯正の種類〜

➀表側矯正

最も長い歴史があり知名度が高い治療方法で、歯の表側に矯正装置を装着します。

ブラケットが金属で出来た物をメタルブラケットと呼び、

目立ちにくいプラスチックやセラミックでできた審美ブラケットがあります。

⇧金属で出来たメタルブラケットとシルバーのワイヤーです。

ブラケットの周りに付いているのはカラーゴムと言って、ご自身の好きな色を選べてお子様に人気です💖

 

⇧当院では、白いワイヤーで前歯など見える部分には、審美ブラケットを使用しています。(症例によって異なります)

表側のワイヤー矯正でも目立ちにくいですね*\(^o^)/*

➁裏側(舌側)矯正

ブラケット装置を歯の裏側に装着して、歯をならべる矯正治療です。

裏側に付けるので、装置が目立ちにくいのが最大にメリットです。

発音がしにくい、舌が傷つきやすい、費用が比較的高いなどのデメリットもあります。

ワイヤー矯正のメリットとデメリット

メリット😊

・様々な歯並びに対応することが出来る。

・取り外ししなくて良い。

・マウスピース矯正に比べ表側矯正は比較的安価。

・目立ちにくい装置もある。

デメリット😫

・装置が当たって口内炎などのお口のトラブルが多い。

・歯磨きが難しく物が詰まりやすい為、歯周病や虫歯のリスクが上がる。

・マウスピース矯正に比べ来院回数が多い。

いかがでしたか??

マウスピース矯正とワイヤー矯正どちらもメリット、デメリットがあります。

生活スタイルに合わせて矯正装置を選ぶのも大切ですね(^^)

ですが、患者さまがマウスピース矯正をご希望の場合でも、マウスピース矯正のみでは症例によっては治療が難しい場合もあります。

まずは、医師に相談することをおすすめします。

矯正のご相談は無料なので是非お気軽にご相談ください🎵

 

 

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:歯科衛生士Yさんの矯正日記

歯はなぜ動く?!

★歯が動く仕組みとは!?★

 

矯正治療によって歯が動いていることが不思議だ!!どうやって動いているのか??と思った事はありませんか??

びくともしない歯がいろいろな方向に動いていくことは、とても不思議なことですよねヽ( ̄д ̄;)ノ

しかし、歯は同じ方向に持続的な力を加えていけば、力の加わった方に少しずつ動いて行くのです!!🦷💨💨

たとえば、毎日親指を噛んだり、鉛筆を噛んだりしている子どもの前歯は、どんどん出っ歯になっていってしまいます((((;゚Д゚)))))))

歯が動く始まりは、持続的な力が加えられた場合、押されている方の歯茎が貧血状態になっていくことからスタートします。この貧血状態は、体にとっては正常とは言えない状態なので、ホメオスターシスといって体を正常な状態に戻そうとする機能が働きます。

圧迫された方の歯槽骨(歯を支えてい顎の骨)には、歯槽骨を溶かして貧血状態を正常の状態に戻そうとする破骨細胞(骨を溶かす細胞)という細胞が出現して働き始めるのです。

この場合、押された方向の骨が溶け出すだけでは、歯槽骨がどんどん減ってしまいますよね💦

ですが、力が加えられた逆の場所には、歯槽骨を新たにつくっていく造骨細胞(骨芽細胞)という細胞も出現して歯槽骨をつくる作用が働き、一方的に歯槽骨が減り続けないようバランスをとるのです*\(^o^)/*

 

 

 

 

 

⇧図の様に歯に持続的な力が加わると、左の骨は破骨細胞が出現し骨吸収され、右の骨は造骨細胞が出現し骨添加されます。そうすると歯は、左側に動いてくるのです!!

*図はイメージです。

このようにワイヤー矯正やマウスピース矯正なども、この原理を利用して歯を動かしているのです✨

ですが、痛み止めを飲み続けることにより、この原理を阻害してしまうので注意が必要です。

 

↑上の図の様に血液が貧血状態になり破骨細胞を出現させるのがサブスタンスPといいます。

この時痛み止めを飲む事によりサブスタンスPの阻害をしてしまい、歯が動きにくくなってしまいます💦

矯正治療中は、痛み止めは必要最小限に心がけましょう。

★歯が動き易い人の特徴★

●歯並びがそれほど悪く無い方

全体的な歯並びに問題が見られず、部分的な歯列矯正が適用できる場合は、治療期間が短くなる傾向があります。(症例により異なります)

●成長期のお子様の方

お子様は歯と顎の骨の成長期があります。

大人の骨より子どもの骨の方が柔らかく、個人差はありますが、わずかな力でも歯が動き易い傾向があります。

その点を考えると大人の方よりも歯列矯正がスムーズに進みます。しかしその分、舌や口の悪い癖によって歯並びが影響を受けるケースも多いため、ご本人の協力と保護者の方も一緒に注意して見て頂くことが重要です。

●歯並びの悪影響となる習慣が少ない方

歯並びに悪影響となる癖や習慣がなければ、矯正治療がスムーズに進みます。

例えば、

・口を開けている事が多い

・猫背、悪い姿勢で長時間スマホ、ゲームをしている。

・頬杖をつく

・指しゃぶりやつめを噛む癖がある

・舌癖がある。舌で前歯を押したりしてしまっている。常に舌が前歯についている。

→この様な方は、何かを飲み込んだり、しゃべったりする時に、舌で前歯に力をかけてしまいます。これは無意識のうちにしてしまっている事が多いです。

・片方の歯ばかりで物を噛む

これらの癖は歯列矯正の妨げになるリスクが高いため、意識的に直してみることが大切です。

 

●体の新陳代謝が高い方

特に歯の周辺組織で新陳代謝が活発に行われていると、歯が動きやすくなる傾向があります。そのため、矯正期間中は食生活の見直しや睡眠時間の確保を心がけ、新陳代謝の活性化を促しましょう。

 

●医師の指示を守れている方

マウスピース矯正のようなご自身で着脱出来る矯正や、ゴムをつかう矯正のものだと患者様自信の協力が必要になります。

予定した装着時間よりも少なくなってしまうと矯正治療期間が長くなってしまいます。

サボったりしてしまわないよう、スムーズに矯正治療が進むように心がけましょう。

★矯正を行うメリット★

歯列矯正をおこなうことで,歯並びの見た目の改善だけではなく以下の利点があります.

メリット1. ブラッシングが容易になります

歯ががたがたしていると、とっても歯磨きがしにくく虫歯や歯周病になりやすいですが、歯並びを改善することによってリスクの軽減につながります。

メリット2.良く噛めて胃腸の働きを助けます

噛みあわせが悪いときちんと噛み砕く事が難しいため丸呑みになってしまいがち、、

きちんと噛み砕く事で胃腸の働きを助け、脳の活性化を助けます。

メリット3.発音しやすくなる

歯の噛み合わせが悪いと、特定の部分の発声がうまく行えない事があります。

出っ歯などの場合、サ行が上手く発音出来ないなどがあげられます。

歯並びを改善する事で改善する事が出来ます。

メリット4.様々な症状を和らげます

噛み合わせを良くする事により、肩こりや顎の関節痛、顎関節症であったりすると口を開けた時に音が鳴る事があります。それらの症状が改善する事があります

メリット5.自分に自信を持つことができます

歯並びが悪い事により口元意識してしまい、表情などに自信を持てなくなってしまい感情を上手く表現できなかったり行動範囲が狭くなってしまったりします。歯並が綺麗になると自然と自信をもてますね✨

メリット6.姿勢を良くなる

悪い噛み合わせを続けていると、気付かないうちに背骨もゆがみ、全身の身体のバランスが崩れてしまい易いです。

正しい噛み合わせにすることによって全体的な体のゆがみや、姿勢を改善出来ることがあります。

 

どうでしたか??噛みあわせが良くなる事によって全身の健康にこんなにも良い影響があるんですね〜✨✨

歯並びが綺麗になるのが待ち遠しいです(*´-`)

それではまた〜*\(^o^)/*

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:歯科衛生士Yさんの矯正日記

矯正治療start☆彡

はじめまして!皆様こんにちは。
南千住小児歯科矯正歯科で勤務している歯科衛生士のYです。

当院にて歯列矯正を始める事になりました!
当院では3人目になります!
体験談や、治療などについてこれから日記にしていきます。
少しでも皆様の参考になれたらなと思います😌

矯正治療を始めた理由は、
出っ歯(上顎前突)がコンプレックスで、笑う時はいつも口元隠すようになってました。
口元を気にせずに思いっきり笑いたい!
綺麗になりたい!と思い矯正治療を始めました。

口元を気にするようになったのは、
私が小学生の頃。
周りの友人達が矯正をしているのを見て、私も矯正したら可愛くなれるのかなー、、と小さい時なりに悩みがありました(笑)
大人になった今、その悩みは強くなり、
何気なく撮った写真や記念撮影の時も口元が気になるようになり、自分が写真に撮られるのが嫌でした。
沢山写真を撮られる結婚式👰‍💍までには笑顔が綺麗な歯並びで写真を撮られたい!!と強く思い矯正をする事を決意しました。

今回が初めての矯正!ではなく、
実は以前に矯正治療を1年程していました。

矯正始める前の歯並びがこちら、、

上顎第1小臼歯(前から4番目の歯)と両側、

下顎第2小臼歯(前から5番目の歯)を抜歯して、ワイヤー矯正で歯を後ろに下げ、前歯を引っ込めるという治療

こう見るとかなり出っ歯が目立ちますね、、私の家族からはディズニーキャラクターのスティッチのようだといつもからかわれていました(笑)

1年程矯正した後の写真がこちら!!

だいぶ出っ歯が治ってきた!!?

あとは抜いたところの隙間を埋めるだけ?の様に見えますね!!

けれど、、

 

⚠️衝撃!矯正した歯を矯正で元に戻すことは難しい?!⚠️

前歯が引っ込みすぎた!!ええーー!!( ;∀;)

なんとコンプレックスだった前歯を治したつもりが、、

今度は、なんと引っ込みすぎてる!(ラビッティング)と言われました。まさかのまさかです、、

※ラビッティングとは上の前歯が舌側に過度に傾斜しすぎて、うさぎの歯のように長く見えることを指します。 舌側からの矯正治療では唇側に比べ、この現象が起こりやすい傾向です。

当時の医院で矯正していた時は私自身も気づかなかったのですが、当院の院長に見て頂いたところ、矯正の力のかけ方に問題があったそうなのです、、

このようになってしまった場合元に戻すことは難しいそうです、、

医院選びは大切だと言うことを身に染みて感じました😭😭

では、今後の治療計画についてお話ししたいと思います。

まずセファロ分析についてです。

当院のセファロ分析について、という記事も併用して読んでいただくとわかりやすいと思います。

私のセファロ分析はこちらです。

 

青い枠より赤い線が右側に突出している箇所は平均値より過剰、左側に突出している箇所は平均値より不足している事を表しています。

私の場合は、

●Mandibularpl.toSN 頭蓋底に対して口蓋平面が平担

●Gonial angle (下顎角が小さい)

●U1toSN   (頭蓋底に対して上顎中切歯が、かなり唇側傾斜)

U1toFH  (FH平面に対して上顎中切歯が、かなり唇側傾斜)

これらが平均値より不足しています。すなわち前歯が平均値よりも舌側傾斜しているのが分かります。

それに伴って、interincisal angle (上顎中切歯歯軸がかなり唇側傾斜) が平均値よりも過剰です。これはU1toSNとU1toFH が平均値よりも不足しているためこの数値が大きく出ます。前歯がうさぎの歯のように見えるの理由の一つです。

私の治療計画は、上の歯列を後ろに下げることで正常な嚙み合わせになるように目指します。まずは、

①カリエールによる臼歯遠心移動

をします。矯正治療の様々な場面で、スペースを新たに確保する必要性が生じます。

カリエールという矯正治療は、ブラケットやインビザライン(マウスピース矯正)治療の前治療として使用する装置です。全ての歯を動かす前に、犬歯から臼歯まで正しい位置関係にすることで、効率的な治療が可能となります。

なかなか動かない臼歯を効率よく移動させ、ワイヤー矯正やマウスピース矯正だけで治療するより30%以上の治療期間短縮が可能な装置です。

なぜ臼歯を動かさないといけないのか???

1.歯が並ぶスペース不足改善のため

2.正常な臼歯の噛み合わせにするため

です。

カリエールでの治療

カリエールは上の金属の棒状の装置がカリエールです。(当院では目立ちにくい透明のカリエールもあります。)

最もオーソドックスなのは、下の写真のように、3番(犬歯)から6歳臼歯に接着固定します。3番からゴムをかけて力をかける方向に引っ張ります。ゴムは終日使用が原則です。

そうすることにより写真のように上の臼歯には全体的に後方への力が伝わります。これで正常なかみ合わせに直していきます。

②ワイヤーによる矯正

臼歯を遠心にしたことにより前歯の方に隙間ができます。その隙間を埋める為にワイヤー矯正で直しています。

今後の治療経過などはまた後ほど載せていきたいと思います♪

それではまた〜!

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:歯科衛生士Yさんの矯正日記

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi南千住2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A


メール相談


矯正料金
シミュレーション