Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

動かした歯は戻りませんか?

矯正治療後は、もう通院しなくても大丈夫ですか?

矯正治療で綺麗になった歯並びは、残念ながら元の位置に戻ろうとするので、保定装置を使用して、綺麗な歯並びを安定させておく必要があります。

インビザラインシステムで開発された保定装置に
「ビベラリテーナー」

があります。2011年に開発されました。

ビベラリテーナーの特長は以下の通りです。
①一度に3セットのリテーナーをお渡しします。
②矯正治療終了後の歯並びの型取りをして、作製する方法と、クリンチェックの既存データからも作製できます。クリンチェックのデータから作製した場合、アライナー1段階分程度の後戻りを改善することも可能です。
③フィックスタイプの針金を装着した状態でも作製できます。
④アライナーの強度を高くする為に密度30%増加し、硬く壊れにくい素材になりさらに汚れにくくなっています。

今までの保定装置用のマウスピースは、型取りをして、石膏模型を作り、作製していました。それに対して、ビベラリテーナーは、最後に使用したアライナーのデータを元に作製ができるので、患者様が作製の為に来院する必要がありません。
私が考える最も後戻りが少ない保定方法は、前歯の裏側に針金を張る固定をして、なおかつマウスピース型の保定装置を就寝中に使用する事です。ただ、マウスピース型の保定装置の問題は、壊れやすく、壊れる度に型取りをして作製しないといけないので、治療費がかかってしまいます。当院では普通のマウスピースの保定装置は基本施術料に含まれていますが、ビベラリテーナーは、上下3セットで5万円(現在は無料)かかりますので、お勧めしにくいですが、耐久性もあり、1番良い保定装置です。
さらに歯ぎしり予防効果やホワイトニング用のトレーとしても使用できます。しっかり保定されるので、最初はきつい感じがありますが、徐々に慣れてきますので、ご安心下さい。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:   カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, マウスピース矯正外来のコラム, 医院Blog

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A