Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

カテゴリ: マウスピース矯正(インビザライン)

抜歯?非抜歯?

抜歯になるケースとならないケースの違いはどのようなものでしょうか?

顎の大きさと歯の大きさのバランスです。

小児においての考え方としては、椅子取りゲームをイメージして下さい。3人掛けのベンチに4人が座ろうとした場合、椅子を伸ばしてあげて4人座れるように拡大して4人全員が座れます。ただ、椅子を伸ばすには時間がかります。

3人掛けの椅子に4人座る為に、全員が少しずつ痩せて、全員座れるのが、スライス(ストリッピング、IPR)して治療するイメージです。

この治療は、大人でも小児でも可能です。

次に、4人のうち、1人いなくなって、3人掛けのベンチに3人座るのが、抜歯して治療するイメージです。

3人掛けのベンチに5人座ろうとしているなら、抜歯して治療する事をお勧めします。窮屈な椅子に座ると、短時間なら座ってられますが、長時間は座っていられないですよね。矯正治療で言えば、無理に非抜歯で治療した場合は、後戻り(リラプス)しやすいです。 

 

メリット、デメリットがそれぞれあるので、それらをわかりやすく説明する事を心掛けています。

手術を併用する骨格性不正咬合の矯正治療では、手術量を大きくする為、非抜歯になることが多いです。

  

このような歯並びは非抜歯で並べられます。

鞍状歯列弓といいます。馬に乗る時に、馬の背中にのせる鞍の形に似ているから、このような名称が付けられています。下顎歯列にみられるもので、大臼歯が近心転位し小臼歯が舌側に萌出することで歯列弓が鞍状になったもの。第二小臼歯の萌出順と余地不足が原因です。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), 医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

おすすめアプリ

マウスピース矯正(インビザライン)の治療におすすめのアプリがあります。

TrayMinder


マウスピース矯正では、以下のことを管理して頂く必要があります。
①1日20時間使用
②指定された交換日(当院では、9〜10日おき)
③来院日

これらのことが、このアプリで設定できます。

タイマーで、▶️ボタンと⏸ボタンを押すと1日どれくらい使用したかわかります。自分では、20時間使用していると思っていても、使用時間が足りない場合もあります。そのような場合には、患者様ご自身で交換日を伸ばして下さい。

また、お食事をされる時には、マウスピース(アライナー)を外しますが、お食事後に装着を忘れてしまうことがあります。そのようなことが続くようでしたら、⏸ボタンを押してから、何時間▶️ボタンを押さないとアラームが鳴るように設定できます。

また、カレンダーに何日に次のアライナーに変えるか設定できます。矯正医や患者様の歯並びによって、アライナーの交換期間は異なりますが、このアプリでは、それにもこのアプリは対応可能です。しかも、途中で交換日を伸ばしても調整ができます。

マウスピース矯正(インビザライン)は、最初にお渡しするアライナーだけで完璧には並びません。何回か型取り(光学印象)を行い、追加アライナーを作製して
お渡しします。その追加アライナーの交換日の設定も可能です。

当院では患者様の口腔内写真を撮影して記録を残していますが、このアプリ 内でも歯並びを自撮りして記録を残せます。治療が進むと最初の歯並びを忘れてしまい、歯が動いているか不安になることがあるので、とても良い機能だと思います。

マウスピース(インビザライン)矯正を始められる患者様は、このアプリを有効にご使用され、矯正治療が上手く進んで、良い歯並びを手にいれて下さい!

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), 医院Blog

アライナーの着色と交換目安

インビザライン社が推奨しているアライナー交換は、14日おきです。

当院が推奨するアライナーの交換目安

当院では、患者様の使用状況にもよりますが、基本的には9日交換です。

これは、色々な勉強会に参加して、矯正医達の意見を参考にさせて頂いた結果です。

9日間装着後の着色度

当院の歯科衛生士が、インビザライン治療を始めましたので、実際に9日装着した写真をお見せします。

①装着時のアライナー

若干、着色はしますが、それほどは目立たないと思います。
アライナー装着時

②取り外し時のアライナー

外してアライナーのみを見ると、かなり着色しています。
アライナー取り外し時

歯に装着すると目立たないのは、本来の歯の色が真っ白ではなく、少し黄色味がかっているからだと思います。

「食べ物を召し上がる際はアライナーを外す」「色が付いた飲み物を飲まれる際はストローを使う」などを心掛けることでかなりの着色を抑えられるでしょう。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), 医院Blog

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A