Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi南千住2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

失敗はありますか?

マウスピース矯正は全ての症状で治療が可能ではありません。
特に、下顎の歯を抜いて治療を行わないといけない場合は難しいです。また、過蓋咬合は上顎の歯を抜歯する場合でも難しいと思います。
抜歯後の矯正治療は、噛み合わせが深くなる傾向があります。インビザライン治療では、噛み合わせを挙上するのが難しいので、噛み合わせが深い上下顎前突のは適応しません。
また、使用状況が悪く、アライナーのフィットが悪い状態で使用を続けられていると、計画通りの歯の移動がしません。ワイヤー矯正でも同様に一度悪い移動をしてしまった歯を正常な位置に戻すのは時間がかかります。場合によっては、一度ブラケットを装着する必要があります。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:   カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, マウスピース矯正外来のコラム, 医院Blog

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi南千住2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A