Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

子供でも大丈夫ですか?

いくつから、インビザラインで治療できますか?

混合歯列期の矯正治療に特化したインビザライン・ティーン(Invisalign Teen)というシステムがあります。

10代のお子様のお口は、乳歯から永久歯への生え替わりや顎の成長があるため、一般的なインビザラインによる矯正は困難でした。インビザラ
イン・ティーンはこのような課題を克服し、11~16歳(小学校高学年~中学生くらい)の若年層向けに開発された新しいマウスピース矯正システムです。

混合歯列期のお子さまの矯正治療では、成長発育を利用して歯を抜かずに矯正することが可能の場合が多いです。 そのため、10代は矯正治療にとても適した時期と言えます。

従来のシステムに付加されたインビザライン・ティーンの機能は2つあります。

未萌出・萌出途中の歯に対応しています
萌出タブは、完全に生えていない歯が過剰に出ることを避けるための物です。萌出していない、あるいは萌出途中の歯が自然に生えてこられるような萌出スペースを確保をするように、コンピューターシミュレーション(クリンチェック)で歯の大きさを予測してスペースを設計が可能です。

コンプライアンスインジケーター
装着時間に応じて色が変化するインジゲーターを組み込んであるので、私たちもご両親様もマウスピースの装着時間が確認できます。

インビザライン・ティーンのメリット
虫歯になりにくいです
矯正治療中のお子様にとって、虫歯予防は非常に重要です。特に10代は、ご両親様の仕上げ磨きも減り、歯磨きが不十分になりがちです。固定式のブラケットを装着すると歯磨きがしにくくなり、虫歯になるリスクが高くなります。インビザライン・ティーンなら、マウスピースを取り外して歯を磨けるため、口腔内を清潔に保つことができます。

部活や趣味に影響が小さいです。
インビザライン・ティーンは、ワイヤー矯正に比べるとスポーツや吹奏楽などの部活や趣味に与える影響が少ないのがメリットです。
インビザライン・ティーンはマウスピース型の装置ですから、スポーツ中などに人とぶつかったり転んだりしてしまった時に、歯を折ったりする可能性を低くできます。また、取り外しできるため、吹奏楽部で楽器を演奏しやすいです。

装置が目立たないです。
10代のお子様は、ワイヤー矯正に抵抗があるお年頃です。インビザライン・ティーンで用いる透明のマウスピースは、目立ちにくく周囲からも気づかれにくいので、口元を隠したりすることもありません。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:   カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, マウスピース矯正外来のコラム, 医院Blog

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A