Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

カテゴリ: 表側矯正・裏側矯正

矯正医が月18日以上いる医院で!

最近、初診相談の際に患者様から、よく聞かれることは、「先生はどれくらい医院にいますか?」です。さすがに、月30日はいませんが、週5日は私か槙本先生がいます、とお応えすると安心されます。
矯正治療をしている歯科医院のタイプは、
①矯正歯科専門で矯正歯科のみを行っているタイプ
②一つの歯科医院に一般歯科医と矯正医がいるタイプ
③一般歯科に、月1~2回程度矯正医がきて治療を行うタイプ
④小児歯科専門医院で、小児歯科医が子供の矯正を行っているタイプ
⑤一般歯科の先生が矯正歯科も行うタイプ
⑥大学病院
詳しくは、以下をご覧ください。
https://www.minamisenju-kyouseishika.com/knowledge/clinic_type.html

どのタイプで矯正治療をされるのが良いかは、
⑴矯正医との相性
⑵治療法
⑶治療費
⑷通院のしやすさ
などが、決め手になるのではないでしょうか。
30年前には、矯正医も少なく、大学病院で治療を受けられる患者様が多く、私が大学病院にいた頃は、初診相談にいらしてから、治療が始まるまで6ヵ月待ちの場合もありました。
徐々に矯正医も増え、矯正専門医院や一般開業医で月一矯正日に治療をされる患者様も増えてきました。
最近では、当院のように、一般歯科医と矯正医が常勤している歯科医院も少しずつ増えてきています。
また、患者様もネットの普及により、矯正治療の情報を豊富に入手できるようになり、選択がしやすくなってきています。とても良い事だと思います。
私がオススメするのは、
②一般歯科医と矯正医が常勤でいるタイプの医院
⑴矯正医との相性
⑷通院のしやすさ
だと思います。
矯正治療は、2年はかかりますので、ご自宅から遠いと通院が大変です。また、歯科医院の雰囲気を含めて矯正医との相性が良くないと通院が嫌になってしまいます。
医院のタイプは、月に18日以上矯正医がいる医院を選ばれた方が良いです。装置が壊れたり、外れた場合、月に数回しか矯正医がいないと治療は必ず遅れます。また、痛みがある場合も矯正医が来る日まで我慢しないといけなくなってしまいます。矯正治療には、このようなトラブルが起こりえます。
矯正専門医院もオススメですが、虫歯治療や矯正治療を行う為に抜歯をする場合、他の歯科医院を紹介されるので、知らない歯科医院に行く必要があるので、面倒です。
もう一点、注意するとすれば、明瞭な治療費です。矯正治療において一番トラブルになる事だと思います。矯正治療は自費の為、各医院によって治療費が異なります。また、わかりにくい料金体系ですので、しっかり質問され、ご理解して頂いてから始められて下さい。
例えば、治療費に検査代、保定装置代、抜歯代、調整代、歯のクリーニング代などが含まれているのかは、ご確認されて下さい。全て自費治療なので、ちょっとした費用が含まれていない場合でも、トータルの治療費になると、数万円から10万円近く違ってきてしまします。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, マウスピース矯正外来のコラム, 医院Blog, 矯正治療関連, 矯正装置, 表側矯正・裏側矯正

バンド

バンドってなんですか?

バンドには厚みがありますので歯と歯の間の接触が強い場合、装着できません。そのような場合、セパレーターという輪ゴムをバンドをしたい歯の近遠心に挿入して、1か月待ちます。挿入した翌日は、痛みがありますが、つまようじ等で外さないで下さい

 

セパレーターは、レントゲンで映るようになっていますので、万が一歯肉の中に入りこんでしまっても確認除去できますので、安心して下さい。ただ、何個、どこの歯に挿入したかは、お伝えしますので、自然に外れたら、その数を次回診療時に教えて下さい。

1か月後に隙間ができた診療時に、バンドをします。バンドは既製品ですが、小さいバンドから大きいバンドまでありますので、患者様の歯の大きさに合わせたバンドをします。必要な場合には、スポットウェルダーという器械を使用してブラケットを電気ろう着します。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

写真を撮るのでブラケットを外せますか?

もちろん外せます。

記念写真を撮る為に、ブラケット外されたいという患者様がかなりいらっしゃいます。理由も様々です。外す事はできますが、費用がかかってしまいます。

いくつ外す必要があるのかで、費用が決まります。

1歯¥3,240(税込)かかります。外して、10日以内で来院される場合には、外して、そのままですが、それ以上期間が空いてしまうと、動かした歯がかなり動いてしまいます。その為、簡易的なマウスピースを就寝中に使用する必要があります。別途、片顎¥5,400円(税込)かかります。別途、調整料がブラケットを外す時にかかります。

矯正治療開始時に外したい予定がわかっている場合は、ぜひ教えて下さい。

ブラケットを一時的に外す時の治療の流れ

外している期間が7日以内なら、マウスピースは必要ありません。

①結婚式

やはり1番多い理由はご自身の結婚式です。当院にとりましても、とても

喜ばしい事ですので、費用は無料とさせて頂きます。もし、ホワイト二ングをご希望の場合は、¥10,800円(税込)です。

結婚式の後、新婚旅行に行かれる患者様も多く、外している期間が長くなります。

 

②卒業アルバム

卒業年の6〜10月に撮影される事が多いです。上の前歯の6本を外せば良いと思います。¥19,940円(税込)かかります。

 

③卒業式と入学式

卒業式と入学式で外される患者様が多いです。

④成人式

最近、東京では1月10日前後が多いのではないでしょうか。上下顎前歯の12本を外される方が多いです。¥38,880円(税込)かかります。高額になってしまいますので、下顎は、ブラケットは残してワイヤーだけ取られる患者様もいます。その場合は、上顎だけですので、¥19,940円になります。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

抜歯?非抜歯?

抜歯になるケースとならないケースの違いはどのようなものでしょうか?

顎の大きさと歯の大きさのバランスです。

小児においての考え方としては、椅子取りゲームをイメージして下さい。3人掛けのベンチに4人が座ろうとした場合、椅子を伸ばしてあげて4人座れるように拡大して4人全員が座れます。ただ、椅子を伸ばすには時間がかります。

3人掛けの椅子に4人座る為に、全員が少しずつ痩せて、全員座れるのが、スライス(ストリッピング、IPR)して治療するイメージです。

この治療は、大人でも小児でも可能です。

次に、4人のうち、1人いなくなって、3人掛けのベンチに3人座るのが、抜歯して治療するイメージです。

3人掛けのベンチに5人座ろうとしているなら、抜歯して治療する事をお勧めします。窮屈な椅子に座ると、短時間なら座ってられますが、長時間は座っていられないですよね。矯正治療で言えば、無理に非抜歯で治療した場合は、後戻り(リラプス)しやすいです。 

メリット、デメリットがそれぞれあるので、それらをわかりやすく説明する事を心掛けています。

手術を併用する骨格性不正咬合の矯正治療では、手術量を大きくする為、非抜歯になることが多いです。

  

このような歯並びは非抜歯で並べられます。

鞍状歯列弓といいます。馬に乗る時に、馬の背中にのせる鞍の形に似ているから、このような名称が付けられています。下顎歯列にみられるもので、大臼歯が近心転位し小臼歯が舌側に萌出することで歯列弓が鞍状になったもの。第二小臼歯の萌出順と余地不足が原因です。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), 医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A