Web予約

東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階 南千住駅すぐの矯正歯科

03-5615-2182

南千住小児歯科矯正歯科のブログ

カテゴリ: 表側矯正・裏側矯正

矯正治療に伴う型取りが快適・精密にできるように!

皆さま、こんにちは。南千住小児歯科矯正歯科の槇本です。

矯正治療開始にあたって、検査は適切な診断にとってとても重要なことですが、従来の『歯型の印象採得』に関しては患者さまの負担が大きく、矯正医をも特に悩ませる治療の一つです。印象材が固まるまでの時間が苦しかったり、顎が疲れ、嘔吐反射が起こりやすかったのです。

 

今回は、今までとは全く異なった方法で印象採得することでデメリットを解消し、さらに治療に有益な『iTero』という当院で導入している機械をご紹介したいと思います。

医療は日進月歩で進み、光学印象を行う方法が従来の型取りに代わって出てきています。その方法を行う機械が、『iTero』です。光学印象は、小さいカメラを口腔内に入れ、連続して写真を撮る事によって患者さまの咬合模型を作製しPC上に3D画像として表示する方法です。患者さまの口腔内の状態が、すぐに画面上で見られるようになるのです。

従来矯正開始時に行っていたシリコン印象は、iTeroが導入される以前は、最も精度の高い歯型の記録方法でした。

しかし、歯型をとるドクターの技量の差や、歯型をとる際の苦しい時間などのデメリットがあり、さらに重要なことは、シリコン印象とiTero を比較した時模型の精密度もiTeroの方が優れているということです。

 

iTeroの導入によって、精密な検査結果に基づいて治療が行えたり、さらにインビザライン で作製するマウスピースも精密に出来上がる為、治療の精度が上がります。

また、口腔内の模型から、治療完成時の予想模型もすぐに導き出せる為、患者さまに治療後のイメージがすぐに提供できることはより安心して治療が受けられたり、治療に対するモチベーションの向上につながります。

このように、iTeroの導入によって患者さまだけでなく、矯正医にとってもメリットの多い機械です。

 

医療業界では、このようにどんどん新しい技術と共に機械も開発されます。今後も、日進月歩で進む医療の知識・技術を学び続け、最善の治療を提供していきたいと思っています。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, 医院Blog, 矯正治療関連, 表側矯正・裏側矯正 and tagged

妊娠

妊娠を予定していますが、矯正治療はできますか?

妊娠前に治療開始

もちろん大丈夫です。

ただ、検査にはレントゲン撮影が必要です。また、患者様によっては診断結果により抜歯した上で治療を開始することになります。もし、妊娠を考えられていらっしゃり、でも矯正もされたい場合、抜歯が終了されてからの妊娠をお願い致します。

矯正治療が始まってからの妊娠は問題ありません。

基本的には、ブラケットが付いたままで、出産されて問題ありません。経験上、出産前、1ヵ月と出産後2ヵ月の計3ヵ月は、通院が難しいと思われますので、治療期間が伸びてしまうのは、ご了承下さい。

里帰り出産をされる患者様は、いつ実家に戻られるかにより対応が変わります。あまり早く帰られるようでしたら、一度ブラケットを外すのも検討させて頂きます。目安としては、出産前後で6ヵ月治療期間があくようでしたら、外した方が良いかと思います。外した場合には、就寝中にマウスピースを使用して、後戻りを防ぎます。また、外した期間と、プラス3ヵ月治療期間が伸びます。

外す費用は、出産祝いとして無料です。頑張って出産して下さい。(調整料は、かかります)

このようにブラケット治療の場合、妊娠出産は問題ありませんが、治療期間は確実に伸びてしまいます。マウスピース矯正(インビザライン)場合、治療が遅れることはありませんので、妊娠を考えられている方には、特にお勧めしています。

 

 

妊娠後に治療開始

当院では、お断りしています。

矯正治療では、治療前の検査時にレントゲン撮影を行います。また、診断結果によっては抜歯も必要になります。そのような理由から、すでに妊娠がわかっていましたら、 出産後に治療を開始する事をお勧めします。

虫歯治療や親知らずの抜歯では、麻酔の注射をしないといけません。麻酔は問題はないですが、母乳から麻酔液出てしまうのは否定できません。治療が1日で済む場合には、断乳で対処できますが、特に問題なのは、痛み止め、抗生物質を服用して頂く場合があります。それらは確実に母乳から赤ちゃんの体内に入ってしまいますので、そのような治療を行う場合には、産婦人科医あるいは小児科医とご相談されて下さい。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), 医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

結局、どの方法がいいんですか?

どの方法でされるかは、下の表を参考にして下さい!

インビザライン の最大のメリットは審美性です。装着していても、まず周りの方には気が付かれません。ただ、患者様ご自身は、気になり人の目が自分の口元を見ている気がしてしまいますが、しばらくすると気にならなくなります。

通院間隔
治療開始 : 1ヶ月後
(1ヶ月目)アライナーを4つお渡しします。
アライナーの使用方法をご説明します。
インビザライン社では、14日交換を推奨していますが、当院では、一番目のアライナーを10日間使用、その後は9日間使用を推奨しています。
(2ヶ月目)アライナーがしっかり使用できているか確認します。
アタッチメントの装着、必要な患者様にはIPRをします。
その後は、2ヶ月に一度、来院して頂きます。

清掃性
インビザラインは、歯磨きをする時にアライナーを外せるので、普通に歯磨きができます。これも、インビザラインのメリットです。

発音
初めてアライナーを装着すると、一週間はとても話しづらいです。ただ、話しづらいからと言って、話さないと慣れませんので、たくさん話してください。1ヶ月すると、問題がなくなる患者様が多いです。
普通に会話される時は、聞き返されることはありませんが、携帯電話等で話す時には、聞き返されることが、治療開始時にはあります。

トラブル
インビザライン治療でも、アタッチメントが外れる事はありますが、痛みは生じないので、すぐに来院される必要はありません。

患者様協力度
色々なメリットが多いインビザライン治療ですが、一番のデメリットは、一日20時間使用しないと治らない事です。ワイヤー矯正は、どちらかと言うと、矯正医任せの治療で、インビザラインは患者様任せの治療になります。もちろん、インビザラインもクリンチェックという歯の動かし方の設計が、矯正医により全く違うので、どの医院で治療をしても、同じ結果が出るわけではありません。

治療できる歯並び
インビザラインでは、噛み合わせが深い(過蓋咬合)の治療が難しいです。
特に、抜歯をして行う治療はお勧めできません。

以上の事を参考に、矯正方法を決めていきましょう!

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, マウスピース矯正外来のコラム, 医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

矯正医が月18日以上いる医院で!

最近、初診相談の際に患者様から、よく聞かれることは、「先生はどれくらい医院にいますか?」です。さすがに、月30日はいませんが、週5日は私か槙本先生がいます、とお応えすると安心されます。
矯正治療をしている歯科医院のタイプは、
①矯正歯科専門で矯正歯科のみを行っているタイプ
②一つの歯科医院に一般歯科医と矯正医がいるタイプ
③一般歯科に、月1~2回程度矯正医がきて治療を行うタイプ
④小児歯科専門医院で、小児歯科医が子供の矯正を行っているタイプ
⑤一般歯科の先生が矯正歯科も行うタイプ
⑥大学病院
詳しくは、以下をご覧ください。
https://www.minamisenju-kyouseishika.com/knowledge/clinic_type.html

どのタイプで矯正治療をされるのが良いかは、
⑴矯正医との相性
⑵治療法
⑶治療費
⑷通院のしやすさ
などが、決め手になるのではないでしょうか。
30年前には、矯正医も少なく、大学病院で治療を受けられる患者様が多く、私が大学病院にいた頃は、初診相談にいらしてから、治療が始まるまで6ヵ月待ちの場合もありました。
徐々に矯正医も増え、矯正専門医院や一般開業医で月一矯正日に治療をされる患者様も増えてきました。
最近では、当院のように、一般歯科医と矯正医が常勤している歯科医院も少しずつ増えてきています。
また、患者様もネットの普及により、矯正治療の情報を豊富に入手できるようになり、選択がしやすくなってきています。とても良い事だと思います。
私がオススメするのは、
②一般歯科医と矯正医が常勤でいるタイプの医院
⑴矯正医との相性
⑷通院のしやすさ
だと思います。
矯正治療は、2年はかかりますので、ご自宅から遠いと通院が大変です。また、歯科医院の雰囲気を含めて矯正医との相性が良くないと通院が嫌になってしまいます。
医院のタイプは、月に18日以上矯正医がいる医院を選ばれた方が良いです。装置が壊れたり、外れた場合、月に数回しか矯正医がいないと治療は必ず遅れます。また、痛みがある場合も矯正医が来る日まで我慢しないといけなくなってしまいます。矯正治療には、このようなトラブルが起こりえます。
矯正専門医院もオススメですが、虫歯治療や矯正治療を行う為に抜歯をする場合、他の歯科医院を紹介されるので、知らない歯科医院に行く必要があるので、面倒です。
もう一点、注意するとすれば、明瞭な治療費です。矯正治療において一番トラブルになる事だと思います。矯正治療は自費の為、各医院によって治療費が異なります。また、わかりにくい料金体系ですので、しっかり質問され、ご理解して頂いてから始められて下さい。
例えば、治療費に検査代、保定装置代、抜歯代、調整代、歯のクリーニング代などが含まれているのかは、ご確認されて下さい。全て自費治療なので、ちょっとした費用が含まれていない場合でも、トータルの治療費になると、数万円から10万円近く違ってきてしまします。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), マウスピース矯正外来, マウスピース矯正外来のコラム, 医院Blog, 矯正治療関連, 矯正装置, 表側矯正・裏側矯正

バンド

バンドってなんですか?

バンドには厚みがありますので歯と歯の間の接触が強い場合、装着できません。そのような場合、セパレーターという輪ゴムをバンドをしたい歯の近遠心に挿入して、1か月待ちます。挿入した翌日は、痛みがありますが、つまようじ等で外さないで下さい

 

セパレーターは、レントゲンで映るようになっていますので、万が一歯肉の中に入りこんでしまっても確認除去できますので、安心して下さい。ただ、何個、どこの歯に挿入したかは、お伝えしますので、自然に外れたら、その数を次回診療時に教えて下さい。

1か月後に隙間ができた診療時に、バンドをします。バンドは既製品ですが、小さいバンドから大きいバンドまでありますので、患者様の歯の大きさに合わせたバンドをします。必要な場合には、スポットウェルダーという器械を使用してブラケットを電気ろう着します。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

写真を撮るのでブラケットを外せますか?

もちろん外せます。

記念写真を撮る為に、ブラケット外されたいという患者様がかなりいらっしゃいます。理由も様々です。外す事はできますが、費用がかかってしまいます。

いくつ外す必要があるのかで、費用が決まります。

1歯¥3,240(税込)かかります。外して、10日以内で来院される場合には、外して、そのままですが、それ以上期間が空いてしまうと、動かした歯がかなり動いてしまいます。その為、簡易的なマウスピースを就寝中に使用する必要があります。別途、片顎¥5,400円(税込)かかります。別途、調整料がブラケットを外す時にかかります。

矯正治療開始時に外したい予定がわかっている場合は、ぜひ教えて下さい。

ブラケットを一時的に外す時の治療の流れ

外している期間が7日以内なら、マウスピースは必要ありません。

①結婚式

やはり1番多い理由はご自身の結婚式です。当院にとりましても、とても

喜ばしい事ですので、費用は無料とさせて頂きます。もし、ホワイト二ングをご希望の場合は、¥10,800円(税込)です。

結婚式の後、新婚旅行に行かれる患者様も多く、外している期間が長くなります。

 

②卒業アルバム

卒業年の6〜10月に撮影される事が多いです。上の前歯の6本を外せば良いと思います。¥19,940円(税込)かかります。

 

③卒業式と入学式

卒業式と入学式で外される患者様が多いです。

④成人式

最近、東京では1月10日前後が多いのではないでしょうか。上下顎前歯の12本を外される方が多いです。¥38,880円(税込)かかります。高額になってしまいますので、下顎は、ブラケットは残してワイヤーだけ取られる患者様もいます。その場合は、上顎だけですので、¥19,940円になります。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

抜歯?非抜歯?

抜歯になるケースとならないケースの違いはどのようなものでしょうか?

顎の大きさと歯の大きさのバランスです。

小児においての考え方としては、椅子取りゲームをイメージして下さい。3人掛けのベンチに4人が座ろうとした場合、椅子を伸ばしてあげて4人座れるように拡大して4人全員が座れます。ただ、椅子を伸ばすには時間がかります。

3人掛けの椅子に4人座る為に、全員が少しずつ痩せて、全員座れるのが、スライス(ストリッピング、IPR)して治療するイメージです。

この治療は、大人でも小児でも可能です。

次に、4人のうち、1人いなくなって、3人掛けのベンチに3人座るのが、抜歯して治療するイメージです。

3人掛けのベンチに5人座ろうとしているなら、抜歯して治療する事をお勧めします。窮屈な椅子に座ると、短時間なら座ってられますが、長時間は座っていられないですよね。矯正治療で言えば、無理に非抜歯で治療した場合は、後戻り(リラプス)しやすいです。 

メリット、デメリットがそれぞれあるので、それらをわかりやすく説明する事を心掛けています。

手術を併用する骨格性不正咬合の矯正治療では、手術量を大きくする為、非抜歯になることが多いです。

  

このような歯並びは非抜歯で並べられます。

鞍状歯列弓といいます。馬に乗る時に、馬の背中にのせる鞍の形に似ているから、このような名称が付けられています。下顎歯列にみられるもので、大臼歯が近心転位し小臼歯が舌側に萌出することで歯列弓が鞍状になったもの。第二小臼歯の萌出順と余地不足が原因です。

荒川区南千住駅の矯正歯科医院|南千住小児歯科矯正歯科

日付:  カテゴリ:マウスピース矯正(インビザライン), 医院Blog, 表側矯正・裏側矯正

アクセス

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-7-1 BiVi2階

03-5615-2182

Web予約


Q and A